定期預金のマイナスとペイジーのプラス

半年ほど前に日本銀行がマイナス金利を始めてから、貯金関係の金融商品の利子はほぼ0%になってしまいました。

辛うじて定期預金で年0.01%です。これだと100万円を1年間預けても100円しか利息が付きません。しかも、1年物でも10年物でも同じ0.01%なので、そこに入れる意味が果たしてあるのかどうかも分かりません。十数年前、定期預金の利率は5,6%ありました。信じられない数字です。たった十数年で金利が0%台になるのです。

これとは関係があるかどうかは不明ですが、例えば、関西アーバン銀行の定期預金の最少預入金額が1円だということが分かりました。一昔前は1000円だったと思いますが、もしかしたら、そうしないと利用する客がいないからなのかもしれません。

でも、世の中すべて真っ暗というわけではないかもしれません。今ではデパートで買った洋服を宅配で届けてくれるところも中にはありますし、その利用料金などの請求書がペイジーに対応していたらコンビニなどのATMで支払えたり、パソコンやスマートホンなどの端末からでも支払えたりすることもできます。そのサービスを利用するためのお金はかかりません。

ある側面では、以前有料だったサービスが今では無料になっている。そんなこともあるかもしれません。同じお金でもマイナスとプラスの両側面から語れるのはある意味面白いです。

 

消費者金融ならまずはプロミスカードを調べてみようかな

3.11のあと、電力問題で大きなニュースがあってから太陽光発電が一時期話題になりましたよね。多くの余裕のある人が安全だし安心出来る事を理由に取り付け始め普及してきました。様々な会社でそれぞれ違ったメリットや提案があり、価格もそれぞれです。

人気のあるメーカーはやはり安心の出来るところ、保証のしっかりしているところ、大手、というような結果だったと思います。しかし取り付けに伴い非常に多くの費用がかかる事から預金通帳の金額もぐっと少なくなり、消費者金融で最短即日融資を考える人も多かったため、消費者金融を調べる人が増えました。

悪徳業者や反社会的な金融は避けられ、はやり安心安全に借りる事の出来る消費者金融は絶大な信頼で今も成り立っています。なかでもテレビコマーシャルhttp://xn--q9js6oma8a9dzlwey965aftvb5m3e0dn.com/でよく見かける金融会社の信頼は厚く、消費者金融会社であるプロミスの提供しているプロミスカードが非常に人気の高い最短即日融資商品に一つです。